大分市美術館の館長さんご夫妻


お二人が美術館を訪れてくださいました。
菅さんは、入院中もお見舞いに来て下さり、俊造さんがとても信頼していた方です。
病床からかけた 長い電話にきちんと応えてくださり、側でみていた私たちも本当に感謝しています。
もうその時はベッドから起き上がることもできずにいたので、朦朧となりながらも やるせない気持ちをぶつけていたようです。
今日、改めて作品を観に来ていただき、本当にありがとうございました。

大分市美術館の館長さんご夫妻” への4件のコメント

  1. 昨日は伺えて本当に良かったです。また、さっそく僕たちの紹介をしていただき恐縮です。実は、正直な話、これほど本格的で素敵な常設展示スペースを作られるとは想像していませんでした。また、省象さんが、パンフレットに書かれた、俊造さんとのギャラリーのエピソードは、とても感動的でした。この文章を僕のフェイスブックに勝手に転載させていただきました。一人でも多くの方に、この美術館を見てほしいと心から願っています。ありがとうございました。

    • コメントをいただきましてありがとうございます。
      とても心強い応援メッセージと受け取りました。
      本当にありがたいです。
      奥様にもよろしくお伝えください。

  2. 館長さんのホームページ、探したけれどたどり着けなかった。
    フェイスブックに登録しないと駄目なのかな?
    調べて再度挑戦する。

    • 登録しないとできないようです。
      私もまだたどり着けていません。
      今度、子どもが帰ったら教えてもらわなくっちゃならないなあ~
      「風の色とみい」さんのブログにもコメントしたいんだけど、「読者」に登録できない~まだまだ不慣れだ。

菅  章 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください