新聞記事” への2件のコメント

  1. 展示施設運営の難しさについては、かつて俊造と話して一蹴されたと聞いた記憶があるけれど、意識の片隅にでも留めておくと実現できるものなんだね。
    実現にむかって力を尽くしてくれたお二人に心から感謝します。

    落ち着くまで今しばらく大変でしょうが、よろしくお願いします。

    • はい、無理せずに自然体でいこうと思っています。

      一蹴されたという話ですが、つれあいが昔、俊造さんの作品を並べる場所をと言ったつもりが、他の人の作品を展示するギャラリーと勘違いされたようだ、とのことです。
      電車の中だったので説明するのも面倒だったのでしなかったんだそうです。
      言った本人もその後忘れていたらしいけど、仮にのちのち、ちゃんと説明していたら、俊造さんはどう応えただろうか?

花の木美術館 管理人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください