今日から 6年目に入ります。

早いものです!
オープンしてから 丸5年が経ちました。

10年くらいは続けよう、と始めた花の木美術館、
ここまで、かけあしで来たような気がします。
これからどんなことになるのか・・・
同じような年月を重ねることになるかもしれません。
まだ俊造さんの作品を知らない方々、一人でも多くの方にご覧いただきたい!その気持ちは変わりません。
始めた頃の気持ちを忘れないで、日々過ごしたいものですね。

荒金理恵 演奏会🎵

昨年に引き続き「ひじはく」の一貫で
別府市在住のピアノ教室主催 荒金理恵先生による
電子ピアノでの演奏会を催しました。

福岡や、県内では日田が数日前からの豪雨で大きな災害が起きています。
これ以上被害が出ないことを祈るばかりです。

そんな中ではありましたが、多くの方のご参加があり、本当に感謝申し上げます。
みなさんで良いひとときを共有することができました。

前回同様、クラシック、ジャズはもちろんですが、
今回は映画音楽をたくさん聴かせてくれました。
「ひまわり」「ロミオとジュリエット」などのしっとりとした洋画のテーマの他に、ジブリ映画の久石譲さんの曲も🎵

アンコール曲では「ルパン三世」をみなさんの手拍子で楽しい雰囲気で終了しました。

三人展「花の木の花展」終了しました

期間中、多くの方においでいただきありがとうございました。
お客様はもちろんのこと、
企画してくださった木村秀和さん
いけばなと竹工芸の藤原満喜先生
絵画の岩崎丈展さん
DMデザインを担当してくださった立川小枝子さん
みなさまのおかげで感慨深い、素敵な作品展となりました。
本当にありがとうございます。

お客様は、木村さんのお友達や、いけばな、竹工芸、合気道をされている方(いずれも藤原先生のご紹介)、岩崎さんのご家族、豊後大野市にある、めぶき園、なごみ園、どんこの里の方々、関係者の友人、知人、そして花の木美術館のいつものお客様、ご近所さん…と各方面の方々においでいただけました。


木村秀和さんが、タツカワサエコさんに
デザインをお願いしてくれました。


藤原先生が、こうやって毎日お花のお世話を
するために来てくれました。


大分市美術館の菅 章館長さんと、木村秀和さんと、
木村さんのお友達の吉川さん。


大分美術研究所の二宮圭一さんと、藤原満喜さん。

三人展 開催

木村秀和さん企画による
三人展「花の木の花展」を開催しています。
5月18日(木)~29日(月)です。

いけばなの藤原満喜先生にとって、10日間もの展示は初めて。通常は 2日間だそうです。
休館日(23日と24日)を挟んで前半と後半でとらえ、この企画は挑戦でもある、とのこと。

竹工芸の師範でもある藤原先生は、素敵な竹篭も展示しています。